スリルと絶叫のアクティビティ!絶景も拝める茨城県の竜神大吊橋へ

吊り橋
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

 

早速ですが、茨城県の常陸太田市ってご存知ですか?

えっ?

それどこ?

何があるの??

大概、こういう感じで返ってきます(笑)

残念ながら2017年度の47ある都道府県の魅力度ランキングで

茨城県というの所は「最下位」に沈んでしまっている、ちょっと負のイメージが先行してる県でもあるんですね。

ちなみに最も魅力のある所というのは「北海道」でした!!

 

でもですよ、考えてもみて下さい。

時期は過ぎてしまいましたが、毎年春のGWあたりになるとある所のあるものが

全国から、または世界各国から大勢の観光客が訪れて賑わいを見せる場所があります。

そうですね、ココですよ!

茨城県ひたちなか市にあるネモフィラの丘

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園のネモフィラの丘です。

 

それから、こういう所もありますね!

水戸市偕楽園

日本三名園の一つでもあります茨城県水戸市の偕楽園です。

 

あとは筑波山だったり

筑波山

 

琵琶湖に次ぐ日本で第二の大きな湖でもあります霞ケ浦だったり

霞ケ浦

 

紅葉の名所としても有名な袋田の滝だったり

袋田の滝

 

サッカーファンの方だったら行かれたことがあるかもしれませんが

鹿島アントラーズのホームスタジアムのカシマサッカースタジアムだったり

カシマサッカースタジアム

その他にも様々な場所に観光名所というのがあるのが茨城県なんですよ!

ですから、個人的にいえば決して魅力がないのではないと思います。

 

話しがそれてしまいましたが、この茨城県の常陸太田市というところに密かに人気になっている観光名所があります

 

それが今回ご紹介したい「竜神大吊橋」なんです。

竜神大吊橋

この竜神大吊橋って竜神ダムの上に架けられた橋なんですが、歩行者専用の吊橋としては本州一の長さを誇っています。

 

そして、この橋の上から眺める絶景がまた見事で、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と雲海、冬は雪景色と四季折々の景色を堪能することができるんですよ!

紅葉の時期の竜神大吊橋

さらに、春シーズンには竜神大吊橋を眺めるかのように無数の鯉のぼりの泳いでいる光景はこれも圧巻ですよ!

竜神大吊橋の鯉のぼり

極めつけは、竜神峡の大自然の中でスリルと絶叫を味わえるアクティビティがあります!

それがこちらです。

竜神大吊橋バンジージャンプ

100mの高さから飛び込むバンジージャンプです!!

絶景はどなたにでも拝めますが、こればっかりはできるできないがありますので

挑戦してみようという勇気のある方だけトライしてみて下さいね。

吊り橋を渡りきった場所にそのバンジージャンプを見れるところもありますよ!

 

この夏は思いっきりスリルと感動を味わいたい、そんな方にはおすすめの大吊橋でした。

ぜひ、カップルで、仲間同士でこの茨城県の竜神大吊橋を訪れてみてはいかがでしょうか。

あと、これは余談ですが、この竜神大吊橋がある竜神峡は心霊スポットとの噂もあります

夏に肝試しするにもいいとこかもですね(笑)

 

 

 



 

 

 

竜神大吊橋周辺のおすすめの宿泊施設は?

こちらでは公共交通機関またはお車を利用して行かれる方へおすすめの宿泊施設をご案内したいと思います。

竜神大吊橋へ行かれるのなら、そこから車で約1時間ぐらい走らせたところに先ほどご紹介した袋田の滝があります。

そして、その袋田の滝から近いところに袋田温泉がありますので、その界隈にご滞在されることをおすすめいたします

中でもご紹介したいのが袋田の滝まで車で5分の「思い出浪漫館」です。

思い出浪漫館

こちらは袋田の滝を含め、奥久慈、北茨城の観光の拠点としても人気があり

滝川沿いにある源泉かけ流しの渓流露天風呂が自慢の宿です。

エントランスも、ホテルの中もお洒落な料亭風の作りになっているのが目を惹きます。

温泉は源泉掛け流しでとても肌触りがよく、赤ちゃんにも安心な泉質ですね!

思い出浪漫館 滝川沿いにある源泉かけ流しの渓流露天風呂

川沿いの露天風呂は22時過ぎには閉まってしまいますが、朝、川のせせらぎを聞きながら入る渓流露天はなんとも言えない気持ち良さですよ

夕食は河豚鍋、鮎の山椒焼き、牛の塩釜焼きなどとても手の込んだものが出てきますし、料理長やホテルのおもてなしの心が伝わってくる感じがします。

公共交通機関をご利用の方には駅までだけでなく袋田の滝へも送迎がありますよ。

竜神大吊橋周辺の他のおすすめホテル

竜神大吊橋ブリッジバンジージャンプの詳細はコチラ

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーをポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

 

 




コメント