紅葉スポット 絶景スポット

香嵐渓の紅葉2022行き方歩き方は?見頃(ライトアップ)情報や周辺の宿泊施設もご紹介!!

皆さんこんにちわ、俊樹です。

愛知県の紅葉の名所は?

と聞くと必ずココの名前が出てくるほど有名なのが「香嵐渓(こうらんけい)」。

東海地方のみならず、日本全国の紅葉名所を代表するスポットとしても人気が高いですよね。

周辺には毎年見事な梅が咲き誇る王滝渓谷や

鬼まつりが開催される滝山東照宮

香嵐渓からすぐの所にある昔ながらの手作りの里「三州足助屋敷」などの観光スポットもある場所です

 

「香嵐渓」って名前はよく聞くけど、実際に愛知県のどの辺にあるのかな?

「香嵐渓」の紅葉の見頃はいつからいつまでぐらい?

「香嵐渓」では夜のライトアップとかやってるのかな?

「香嵐渓」の周辺に泊まるとしたらどの辺が良いのかな?

等々、とくに初めて行こうと思ってらっしゃる方々には様々な疑問が沸くと思います。

そこで今回は、「香嵐渓の紅葉2022行き方歩き方は?見頃(ライトアップ)情報や周辺の宿泊施設も!」と題してご案内していきますので

ぜひ、最後までお付き合い下さいね。

香嵐渓の場所とアクセスは?

まずは香嵐渓の場所って愛知県のどの辺なんだろ?

というところをざっと地図で頭に入れておきましょう

なるほど、愛知県のこの辺りね!

実際の住所は豊田市なのですが、市街地からはだいぶ離れています。

そして、香嵐渓近辺の細かい地図がコチラになります

 

クリックで拡大できます

 

見どころはまた後述しますが

香嵐渓のシンボル的存在である巴川に架けられた待月橋を中心に

周辺を散策するというのがココでの楽しみ方になります。

 

では、この「香嵐渓」にはどうやって行ったら良いのでしょうか?

残念ながらこの香嵐渓までは電車が通っていないので 基本、マイカーか最寄り駅からのバスになりますね。

 

クリックで拡大できます

 

◆公共交通機関でのアクセス方法

◎名鉄豊田線「浄水」駅より、とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)に乗換え、「香嵐渓」バス停下車。徒歩すぐ

◎名鉄三河線/豊田線「豊田市」駅より、名鉄バス矢並線(足助行)に乗換え、「香嵐渓」バス停下車。徒歩すぐ

◎名鉄本線「東岡崎」駅より、名鉄バス岡崎・足助線(足助行)に乗換え、「香嵐渓」バス停下車。徒歩すぐ ※ 東岡崎経由でのお帰りのバスの便は、平日19:00以降はありませんのでご注意ください

 

◆車でのアクセス方法

◎猿投グリーンロード「力石IC」から約15分

◎東海環状自動車道「豊田勘八IC」から約20分

※上の表示はあくまでも普通の時の所要時間になります。

紅葉シーズン(特に11月中の土日)は昼夜とも大変混雑しますので時間に余裕を持ってお出掛けなさった方がよろしいです

とくに高速道路を降りて香嵐渓までの国道は基本的に1本道の為、渋滞に多々嵌ってしまうことがあります

オススメは香嵐渓に朝の9時前後に到着するくらいがよろしいかと。

10時を過ぎると宮町駐車場が満車、なんてこともよくありますので注意が必要です

渋滞を回避できるルート

  • 国道153号線は渋滞が激しく、グリーンロードを通ると、枝下インターを過ぎた辺りから渋滞が始まります。また、鞍ヶ池方面から香嵐渓に向かう場合も追分交差点で153号線に合流するため、やはり渋滞に巻き込まれてしまいます。それを回避するためには、グリーンロードを走り、枝下インターで降りて県道11号線を東に進めば、多少遠回りにはなりますが、渋滞が避けられるため、確実に早くアクセスできます。また、要所要所に案内表示板が立っているため、迷うこともありません。

 

◆香嵐渓見学料金⇒無料

※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください

◆営業日・時間⇒見学終日

◆電話番号⇒0565-62-1272(豊田市足助観光協会)

◆駐車場は有料・香嵐渓駐車場(やや離れた場所にある駐車場も約1600台)

1台500円

※(11月は1台1000円)

◆トイレ 有

◆定休日 なし

 

駐車場マップ

香嵐渓駐車場マップ

クリックで拡大できます

 

香嵐渓の歩き方や紅葉の見所、ライトアップは?

約4000本のモミジが巴川の川面を美しく彩る! 

その巴川に架かっている赤い橋が香嵐渓のシンボルともいえる「待月橋(たいげつきょう)」。

この待月橋からの景色が最高に美しいので

大きく深呼吸をして紅葉を拝んでみましょう🎵

香嵐渓待月橋からの紅葉の眺め

 

香嵐渓待月橋からの紅葉の眺め

 

一番の見どころで紅葉を拝んだ後は

自由に散策するのも良いんですが

初めて行かれる方などには、約1時間ほどで見どころを堪能して回れるガイドコースなんていうのもありますから

それを利用してみても良いかもしれませんね

詳細は香嵐渓の入口にあるビジターセンターにいけばわかりますよ。

 

あと、そのビジターセンターなり、各駐車場にはこういったマップが置いてありますので

これを片手にのんびりぶらぶらと散策するにもいいですね

香嵐渓散策マップ

 

■おススメコースとしては

巴橋⇒もみじのトンネル⇒香積寺⇒香嵐渓広場⇒待月橋⇒巴橋

このコースで約1時間弱で、香嵐渓の主要の見どころを回ってこれますよ。

 

そして、香嵐渓のもう一つの最大の見どころといえば夜間の「ライトアップ」でしょう。

飯森山の紅葉や待月橋が巴川の水面に映り込んで華やかさが格別です。

 

その「ライトアップ」の期間は香嵐渓もみじまつりが行われる11月1日(火)~11月30日(水)

日没~21:00 

※期間中毎日

 

とにかく、「ライトアップ」を間近で見た方はみんな感動して帰っていきますよ♪

ぜひ、時間を上手に調整して「ライトアップ」は見て帰って欲しいと思います

香嵐渓の紅葉の見頃はいつからいつまで?

香嵐渓のもみじは、毎年11月中旬~下旬が見頃になります。

イロハモミジ、オオモミジなど11種のカエデが約4000本あると言われています。

また、香嵐渓は秋だけでなく春も魅力的なシーズンです。

3月下旬から4月上旬にはカタクリが開花し、可愛らしい花を咲かせます。

これも頭に入れておいて欲しいなぁと思います。

毎年11月の1ヶ月間「香嵐渓もみじまつり」の開催中は屋台などが出ておりますので

お好きなモノを頬張りながら楽しんでもいいですね♪

 

香嵐渓周辺のおすすめの宿泊施設は?

こちらではツアーではなく、個人でご旅行をされる方へ向けてご案内したいと思います。

香嵐渓周辺にはあいにく宿泊施設というのがほとんどありません。

一軒だけ、香嵐渓の丁度中心地に位置している「香嵐亭」という宿があります。

場所的には最高の所ですが、果たしてシーズン中はどうでしょうか?

運よく予約が取れるなら一度いかがでしょうか

ただ、「快適性」等を求めるのならあまりおすすめできる宿では無いということを申し上げておきますね

 

旅の拠点として考えるなら香嵐渓からは離れますが

下記の場所(名鉄三河線/豊田線の豊田市駅、名鉄本線の東岡崎駅界隈)がおススメになります

どちらの場所も香嵐渓から車で40分前後です。

 

ホテルトヨタキャッスル

西三河地区最大級のシティホテル!

シンプルデザインをベースにしたリラックス空間でおくつろぎ頂けます。

また、スポーツクラブも併設しております。

 

豊田プレステージホテル

豊田スタジアムに一番近いホテル。

コンビニ徒歩1分、無料駐車場完備、加湿機能付空気清浄機 全室完備。

 

アットインホテル豊田市駅

名鉄豊田市駅より徒歩50秒でアクセス抜群のホテルです!

1名様でもゆったりお寛ぎいただけるダブル以上のお部屋を完備。

トゥルースリーパーを導入した睡眠特化型のホテルです。

 

センターホテルトヨタ

名鉄三河線豊田市駅から徒歩6分とアクセスも便利。

デザイン重視の落ち着きある客室。

全室セミダブル使用のシモンズベッド、WIFI・インターネット接続可能。

軽朝食無料サービス。

 

グランドイン東岡崎

東岡崎駅ペデストリアンデッキ直結の宿泊特化型ホテル。

ワンランク上の快適な空間をご提供いたします。

OTORIVERSIDE内で飲食店やカルチャースポットなども充実。

 

スーパーホテル岡崎

東岡崎駅:徒歩7分。

国道1号線沿でビジネス&観光に好立地!

天然温泉完備、朝食無料。

 

岡崎ニューグランドホテル

岡崎城に隣接し東岡崎駅より徒歩10分。

ホテル駐車場あります(無料) 最上階展望大・中浴場あり。

朝食は現在、奇数日が和定食、偶数日が洋定食となります

 

ま と め

いかがだったでしょうか?

愛知県の最大の紅葉スポットでもあります「香嵐渓」をご紹介してきました。

11月には山全体の約4000本のモミジが一斉に色づき、巴川の川面を美しく彩り 夜には山全体がライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な景色が見られるとあって人気も頷けますね

秋の穏やかな気候の中で貴殿が快く紅葉を楽しめるようお祈りしております

ココまでお読み頂きましてありがとうございました。

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

 

奈良公園2022行き方歩き方は?見頃情報や周辺の宿泊施設もご紹介!!

-紅葉スポット, 絶景スポット
-, , , , , , , ,

© 2022 四季を楽しむ旅と宿の情報ラウンジ Powered by AFFINGER5