冬だからこそ見たい景色!「温泉+絶景」を満喫する旅行はいかが?

温泉
SONY DSC
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

 

早いもので今週の土曜日から師走12月へと突入します。

季節は冬に入っていきますね。

冬は冬でまたそれなりに楽しめる旅行というのがありますよね。

まぁ、一番は温泉でしょうか?

その次に私だったらこれを選びたいかな。

 

「冬にしかみれない景色」

冬にしかみれない景色 フロストフラワー

 

コレ、綺麗ですよね~

フロストフラワーって言われていますけど

これなんかも、まさしく冬じゃなきゃ見れない光景ですね。

 

ということで、今回は冬だからこそ見たい、楽しみたい

おすすめの「絶景と温泉」をセットにしてご紹介いたします。

ただ、全国的に数も多いので東日本と西日本に分けさせて頂きました。

 

まず、前半は東日本の北海道から順にご案内していきますので

ぜひ、貴方の冬旅の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

北海道で「絶景&温泉」を満喫できるところは?

まずは北海道から2ヶ所をご紹介します。

一つ目は北海道上川郡美瑛町。

丘のまち美瑛としても有名ですよね!

こんな景色を見たことがあると思います。

美瑛のクリスマスツリーの木

 

そして、冬には。。。

美瑛の冬景色

四季折々と、色んな姿を見せてくれるところですね!

そして、一躍全国的に有名になって多くの観光客が訪れるようになったのがこの「青い池

美瑛「青い池」 冬

ホント、美しい青色でまさに幻想的な光景ですよね

冬には池に生える木々が雪化粧をして、絵画のようにより一層綺麗に映ります。

冬季限定で、夜間はライトアップもされるので、一段と美しい青い池が見れますよ

青い池ライトアップ

ちなみに、そのライトアップの期間は4月までです。

2018年11月1日(木)〜2019年4月30日(火)

※予定で変更の可能性もあります。

 

美瑛町から近いおすすめの温泉は?

青い池があります美瑛町周辺で近くておすすめな温泉は「白金温泉」です。

その温泉地でおすすめの宿を3軒ご案内しますね。

 

びえい白金温泉で唯一、露天風呂付客室で「森」を感じて安らげる和の風情とおもてなしの宿です。

大雪山国立公園の雄大な自然に抱かれた、源泉掛け流しの温泉宿です。

十勝岳山麓に広がる白金温泉郷おもてなしの宿です。和の落ち着きと優しさ、そして大自然の恵みで、身も心も存分に寛げますよ。

 

北海道、2ヶ所目は冒頭でも紹介しました 「フロストフラワー」で有名な阿寒湖です。

 

フロストフラワー 阿寒湖

阿寒湖が氷で覆われる12月~3月にだけ見ることができ

その中でもマイナス15℃前後以下になることと

風がほとんど吹かないことというように

気象条件には左右されるということです

阿寒湖のフロストフラワー

遭遇率は20~30%とも言われる奇跡の花。

これも、一度は見てみたい絶景ですよね!

 

阿寒湖から近いおすすめの温泉は?

阿寒湖は温泉地でもありますので、畔には幾つも宿泊施設があります。

この温泉地でおすすめの宿を3軒ご案内しますね。

 

阿寒湖の西側に位置する宿です。果てしなく広がる阿寒湖の情景、その先には阿寒の山並みを望めます。

阿寒湖畔に佇む、スタイリッシュで近代的な温泉リゾートです。美しいレイクビューと北海道の食材を活かしたヘルシービュッフェが楽しめますよ!

全25室、露天風呂付。郷愁と気品漂う、阿寒湖畔の大人の隠れ家ホテルです。懐かしく温かい故郷のような宿ですよ!

 

東北地方で「絶景&温泉」を満喫できるところは?

東北地方からも2ヶ所をご紹介します。

まず1ケ所目は、冬の雪景色を見れて、尚且つ温泉が同時に楽しめるのが

こちら山形県の「銀山温泉」です。

 

冬の銀山温泉

[出典]:ZEKKEI Japan

 

大正ロマンの風情溢れる温泉郷で、まさに絵になる光景ですよね!

とにかく雪景色が似合う温泉街です。

ココはNHK連続テレビ小説『おしん』の舞台としても有名な所。

銀山温泉は四季折々の景色を楽しむことができますが

なんといっても、深々と雪が舞い散っている風情が一番良いですね。

雪が舞い散る銀山温泉

 

銀山温泉にはたくさんの宿泊施設があります。

この温泉地でおすすめの宿を3軒ご案内しますね。

 

銀山温泉で『一番広い露天風呂』と『寝ながら入る露天風呂』がある宿です。四季の彩りをのんびり眺めながら湯に浸かれますよ。

銀山温泉の高台にある料理旅館です。絶景の露天風呂と眺望の客室、斬新な山形料理と自家製手打ち蕎麦が自慢です。

銀山温泉街の真ん中、昔の造りを残しつつ和モダンな空間で迎える宿です!1Fにはカフェでは地元の銘酒やカクテルが楽しめますよ。

東北地方2ヶ所目は秋田県の横手市です。

 

横手といえば、有名なのが「かまくら」ですよね。

横手 かまくら

まさに冬にしか拝めない光景。

さらに都会ではお目にかかることができないところに価値があります。

毎年2月に開催される「横手の雪まつり」の期間中に

この「かまくら」が約100個作られるんです。

そのお祭りの時にこの中へ入るとお酒やお餅などが振る舞われますし

ろうそくが灯ったかまくらの幻想的な光景を見て楽しむこともできます。

ろうそくが灯ったかまくら

ぜひ、雪の中の温かさを楽しんでみませんか!

 

横手市周辺のおすすめの温泉は?

横手市には横手温泉というのがあります

温泉としての宿泊施設はあまりありませんが

その中でおすすめの宿を2軒ご案内しますね。

 

横手駅下車、タクシーで10分ほどです。露天風呂付の温泉と地元の旬を味わえる心づくしのお料理、和洋様々な特徴のある客室が自慢です。

横手バスターミナルから徒歩3分の近さ。温泉/露天風呂/サウナ/展望風呂/貸切風呂/北投石岩盤浴と多種な温泉が楽しめますよ!

 

関東地方で「絶景&温泉」を満喫できるところは?

関東地方からは2ヶ所をご紹介します。

まず1ケ所目は、茨城県久慈郡にある「袋田の滝」です。

この袋田の滝は、茨城を代表する観光スポットでもあり

四季折々と様々な景色を拝ませてくれるところです。

紅葉の時期なんかはとくに人気がありますよね

袋田の滝 秋

そして、この滝は栃木県にある「華厳の滝」、和歌山県にある「那智の大滝」と並んで 「日本三名瀑」に指定されています。

 

それが、冬になるとどういう姿になるかというと。。。

袋田の滝 真冬

これが、有名な袋田の滝の「氷瀑(ひょうばく)」です。

まさに、凍結した滝の神秘的な美しさとはこのことですね!

自然が生み出すまさに圧巻の姿です。

完全凍結する年には、ピッケル片手に滝を登るクライマーの姿がたくさん見られますよ

それと、毎年秋から冬にかけてはイルミネーションイベントも開催され

凍結した滝の幻想的なライトアップも楽しめます。

袋田の滝 真冬 ライトアップ

 

袋田の滝から近いおすすめの温泉は?

袋田の滝から近くておすすめな温泉といえば「袋田温泉」です。

その温泉地でおすすめの宿を2軒ご案内しますね。

 

袋田の滝まで車で5分。恵み多き「茨城・奥久慈の山の幸」を取り入れた旬の食材を使用した、季節の里山料理が自慢です。

袋田の滝まで徒歩7分。四季の変化を眺めながらつかる温泉に、地産の食材をふんだんに用いたお食事をもてなしてくれます。

関東地方2ヶ所目は埼玉県の秩父市です。

秩父といえば、秩父夜祭が全国的に有名ですよね!

その秩父にあって冬にこそ見たい、訪れたいのが「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」です。

 

三十槌の氷柱(みそつちのつらら)

最も寒さの厳しい1月中旬から2月中旬にかけて

山の岩肌からしみ出す湧き水が寒さによって凍りつき

そして、このようにたくさんのつららを作りだしているんです。

これは、奥秩父の冬の名勝とも言われるぐらい人気があるんですよ。

 

厳寒期には「大滝氷まつり」が開催されて、夜間はライトアップが行われます。

三十槌の氷柱 ライトアップ

これも、幻想的な光景ですよね!

巨大な天然の氷柱はまさに圧巻ですよ。

 

三十槌の氷柱周辺のおすすめの温泉は?

三十槌の氷柱がある秩父市というのはさまざまな温泉があり

秩父郡市には40箇所以上の温泉宿が点在しています。

その中でおすすめの宿を3軒ご案内しますね。

 

西武秩父駅からタクシーで約15分。秩父鉄道黒谷駅から送迎あり。自家源泉「和銅鉱泉」は、身体がポカポカになると評判です♪

西武秩父駅よりタクシー10分、又は定峰行きバス25分金昌寺下車徒歩4分。送迎あり。民芸調のほのぼの宿!滑らかな卵水と云われる温泉が自慢です。

西武秩父駅・秩父鉄道 秩父駅より、ともに車で15分。ロビーの大きな窓から眺める自然に心が和む温泉宿です。

ま と め

いかがだったでしょうか?

冬にしか見れない絶景、光景を北海道から順にご紹介してきました。

「これ、見てみたい♪」っていうのがありましたら

ぜひ、旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

真冬の厳寒期が主流ですから、寒さの中の見学もやむを得ませんが

その後は、心身共にポカポカになる温泉へ浸かれば寒さも吹き飛んじゃいますよ!

次回は、「西日本編」をご案内いたしますので 楽しみにお待ち下さいね。

 

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

コメント