近畿圏で綺麗なネモフィラを見れるおすすめの場所といえば!?

お花の鑑賞スポット
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

毎年4月の下旬あたりから5月の中旬~下旬にかけて青色の綺麗に咲き乱れるお花といえば「ネモフィラ」ですよね

ネモフィラ1 ネモフィラ2

青一色が広がる壮大な景色はまさに幻想というか、ほんといつ見てもうっとりさせられますよね♪

今、そのネモフィラが全国のあちこちの公園等で見頃を迎えていますよ!

この時期になると決まって話題になるのが全国的に有名な茨城県にある「国営ひたち海浜公園のネモフィラの丘」

外人観光客を含め、ネモフィラの咲いてる時期には60万人ぐらいの人が訪れる人気の観光地にもなっています。

また、テレビを含め様々なSNS等でも取り上げられて拡散されますから溢れるばかりの人が訪れています

ただ、関東圏からだと比較的楽にそこへ行くことが出来ますが、関西圏からだといかんせん遠いです。

では、近畿地方で綺麗なネモフィラを見れるおすすめの公園はどこなの?

ということで、今回は国営ひたち海浜公園よりは知名度は低いですが、広大な敷地で海とお花の絶景を堪能できる『国営明石海峡公園』をご紹介します。

国営明石海峡公園

場所は兵庫県の淡路島にありまして、コチラも言わずと知れたお花がテーマの「公園」です。

今まではカラフルなチューリップの花壇だったポプラの丘が、あっという間に一面ブルーの世界が広がり、こちらでもネモフィラが見頃を迎えていますよ。

国営明石海峡公園のネモフィラ

公園は大きく穏やかで、池にはアヒルボートもあって、ファミリーやカップルで来園しても十分楽しめる所。

春にはチューリップやネモフィラ、秋にはコスモスが綺麗に咲きほこり、季節ごとに様々なイベントを実施しているので、年間を通して楽しめるところでもあります。

 

行きたくても茨城県まではちょっと行けないなぁ~という方、ぜひ、こちらへ訪れてみてはいかがでしょうか

 

こちらへアクセスするには公共交通機関でも大丈夫ですが、やはりお車の方が便利でしょうね。

明石海峡を渡って割りと近いところにありますよ!

ちなみにJR三宮駅やJR舞子駅からは高速バスとかも出ていますし、JR明石駅からなら所要時間わずか15分の淡路ジェノバライン(高速艇)などを利用するのもいいかもですね!

淡路ジェノバライン

淡路島国営明石海峡公園の詳細はコチラ

 

 

国営明石海峡公園周辺のおすすめの宿泊施設は?

こちらでは公共交通機関とお車を利用して行かれる方へおすすめの宿泊施設をご案内したいと思います。

国営明石海峡公園の界隈にはほとんど宿泊施設はありませんが、1軒だけ公園から徒歩でアクセスできるお洒落なホテルがあります。

それが「ウェスティンホテル淡路」です。

明石海峡公園と隣接していますので、部屋からもその光景が見れますし、淡路島観光の拠点にするには最適なホテルと言えるでしょう。

ホテル前が高速バスの停留所になっているため、ココなら車利用でなくても便利に行くことができますよ。

眺望もよくバルコニーでくつろぐことができ、まさにリゾート気分が味わえます。

また、近くには系列の温泉があり、入浴料は700円ですが、そこの露天風呂からは明石大橋が拝めたりもするのでぜひ利用してみて欲しい施設です。

国営明石海峡公園周辺の他のおすすめホテル

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント