ドラマのロケ地やSNSでも話題の愛媛県の絶景無人駅といえば!?

ロケ地
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

 

ちなみに私は「絶景」を拝むのが大好きです。

国内には様々な絶景ポイントというのがありますよね。

真冬に雪が降りしきる中で絶景を見渡すのもいいんですが、やはり心地よい季節にのんびりと眺めるのは最高ですね

これからの季節、目に焼きつくような絶景を見に行ってみませんか!

 

今回は四国は愛媛県にある「日本の美しい無人駅BEST3」にも入っている『下灘駅』のご紹介です。

夕暮れ時の下灘駅

絶景好きな方なら一度や二度はこの光景をどこかで見たことがあるのではないでしょうか?

 

色んなドラマや映画のロケ地としても有名ですし、キムタクのHEROや、昔でいえば男はつらいよの寅さんや、浅丘るり子や小林旭が主演した映画だとかにもココが使われました。

 

昨今はSNSでも拡散されるなどして、一躍有名な絶景スポットとしてこちらへ訪れる方々が後を絶たなくなりましたね。

昼間の下灘駅

見ての通り昼間は真っ青な海が目の前に迫り、夕暮れ時には綺麗な夕日が拝めるとあって、無人駅にも拘わらずカップルを含め多くの旅行者が往来をしています。

 

暖かくて晴れた日にこんな場所で海を見ながらボッ~とするのも乙なものですよね!

 

一度現地へ降り立って、写真を撮ったり生で綺麗な夕日を見ることができれば、目に焼きついて最高の思い出になることは間違いなしですよ

伊予灘に沈む夕日

 

 

 

 

下灘駅へのアクセスは?

ここへアクセスするにはJR四国の予讃線で松山駅あたりから普通電車に乗って約1時間で下灘駅に到着します。

以前はこの駅の周りには何もなくて帰りの電車の時刻まで時間を潰すのにも退屈でしたが、2017年の4月に駅そばにカフェがオープンしました。

 

それが「下灘珈琲」という移動式のカフェです。

下灘珈琲1

下灘珈琲2

この下灘駅へ降り立つ人にとっては気軽に寄れるスタイルになっています。

電車の待ち時間もココで休憩することができるようになったのは訪れる人にとっては嬉しいですよね。

 

営業時間は11時~夕日が沈むまでとなっています

 

ただ、こちらには1日に約10本ほどしか停車する列車がないので、乗り遅れにだけは注意しましょうね!

 

降り立たないで電車の中から絶景を拝みたいという方には、やはり松山駅を拠点とした「伊予灘ものがたり」という、予約制の電車と食事がセットになったサービスもありますので、それを利用してもいいですね。

 

※伊予灘ものがたりの詳細は⇒http://iyonadamonogatari.com/

「一度は降りてみたい駅」として人気の下灘駅へ、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか。

 

 

下灘駅周辺のおすすめの宿泊施設は?

こちらでは電車やバスといった公共交通機関を利用して行かれる方へおすすめの宿泊施設をご案内したいと思います。

目的地の下灘駅の周りにはカフェこそオープンしたものの、宿泊施設等はありません。

やはりおすすめしたいのが鉄道の拠点にもなっている松山駅周辺か、その松山駅から電車で20分ほどの道後温泉の宿泊施設です

この2つの界隈にはビジネスホテルや温泉ホテルの宿泊施設が多数点在していて、徒歩でアクセスできたり、また無料送迎をしてくれる宿もたくさんあります。

まず、松山駅界隈でおすすめしたいのが「ホテルマイステイズ松山」です。

JR松山駅から歩くと約10分ほど掛かりますが、場所は松山の中心にあって利用しやすく、松山城がすぐ近くとあって観光にも便利です。

部屋からもその松山城が見渡すこともできますし、広さも十分で快適に過ごせること請け合いです。

朝食はバイキングですが地元の料理もあったりかなり充実していて、ホテル内のレストランもお洒落で綺麗です。

こちらへは一泊朝食付きのキャッスルビューでの予約がベストだと思います。

松山駅周辺の他のおすすめホテル

 
 
 
 

もう一箇所のおすすめの地「道後温泉」でのおすすめのホテルは「道後舘」です。

こちらは高級な温泉旅館ということで、旅番組でもちょくちょく紹介されることのあるおもてなしが自慢の宿でもあります

お値段は少々張りますが、黒川紀章氏デザインのロビーラウンジや夕食が豪華な会席料理はとにかく圧巻の一言ですよ

お風呂の泉質の良いのは当然ですが、熱め、ぬるめ、露天風呂、サウナ、打たせ湯、寝湯等種類が多く、温泉好きな方にも満足のいく設備になっています。

とにかくスタッフの方たちのおもてなしが素晴らしく、さすがTVで紹介されるだけのことはあると思われる宿ですね

道後温泉周辺の他のおすすめホテル

 
 

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント