梅観賞なら日本一早い熱海梅園で!温泉とセットで楽しみましょう♪

お花の鑑賞スポット
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

 

一足早く、早春を感じ取りに行きませんか!?

早春の香りといえばなんといっても「」ですよねぇ~

早春 梅

全国にはたくさんの梅の名所というのがあります。

真っ先に出てくるのが茨城県の水戸偕楽園ですとか

京都の北野天満宮あたりが有名ですが

今回は日本一早く、梅観賞、梅祭りが開催されるところをご案内しますね

そこは温泉でも有名な熱海の「熱海梅園」です。

熱海梅園1

 

熱海梅園2

白梅や紅梅の、白と赤の花びらが混じりあったあの姿は実に綺麗ですし

桜と同じように人の心を惹きつけてくれますよね!

場所がなんといっても四方八方に温泉がある熱海ですので

梅観賞で一足早く春を感じて、そして美味しいものを食べて温泉に浸かる

そんな優雅な旅をしてみてはどうでしょうか?

 

 

日本一早咲きの梅、そして遅い紅葉で有名な熱海梅園

熱海は梅の名産地でもありますし

この熱海梅園では毎年11月下旬~12月上旬に第1号の花が咲き始め

年が明けて1月上旬~2月中旬までが見頃を迎えます。

そして、3月下旬まで梅観賞を長い期間に渡って楽しむことができるんですよ。

 

その中の1/5から3/3までの期間、梅まつりが開催されています。

お祭り期間中には、熱海芸妓連演芸会や甘酒の無料サービス ミス熱海との撮影会など様々なイベントも開催されます。

 

明治19年に開園した熱海梅園は樹齢100年を超える梅の古木を含め

58種464本の紅白梅があり、早咲き、中咲き、遅咲き種という順番に開花していきます。

熱海梅園4

 

熱海梅園5

 

熱海梅園6

 

園内には熱海梅園の名所の一つ「梅見の滝」というのがあり

滝の裏側にも廻りこんで、背面から梅園内の景色を楽むことができます。

 

また「てるてる坊主」や「シャボン玉」など数多くの名曲を残した作曲家「中山晋平記念館」があり

彼が住んでいた別荘が園内にあったりります。

中山晋平記念館

 

園内を廻って歩き疲れたなぁと思ったら足湯で一休み。

まつり期間中は無料で解放されていて、タオルを持参していない方には

近くにタオルの販売もされていますのでその辺は心配いりませんよ。

熱海梅園 足湯

それから、熱海梅園に隣接して「澤田政廣記念美術館」というのがあるんですが

梅まつり期間中は無料で入館できますので、合わせて鑑賞を楽しんでもらうことがきますよ。

澤田政廣記念美術館

 

梅まつり期間中はたくさんの人が観光で訪れるのでとても賑やかになりますが

秋の紅葉は日本一遅いと言われています。

紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬ですから

それも覚えておきたいですね

 

 

熱海梅園へのアクセス

電車ですとJR熱海駅から伊東線に乗り換え

来宮(きのみや)駅で下車し徒歩10分ほど。

急勾配の坂道を600mほど登ります。

 

熱海駅より「相の原」方面行きバスにて約15分

→「梅園」にて下車。

※梅まつり期間中は入園料がかかります。

大人は300円(中学生以下無料)、団体客(11人以上)は1人200円

※市民と宿泊客は100円です。

 

熱海梅園から近いおすすめの宿泊施設は?

●下記でご紹介している宿泊施設は、全て熱海梅園から1㌔~2㌔圏内の近い所です。

 

相模湾を眺める伊豆山標高361メートルのラグジュアリーブランドホテルです。 森、樹木の中に佇む邸宅のような寛ぎをどうぞ。

 

京阪祇竹林・川に恵まれた優美な日本庭園。御影石の気品溢れる『石の湯』と全面改装された『檜葉(ひば)の湯』。 そして伝統の技と器で伊豆の季節を彩る懐石料理をお部屋にて。

 

美しい自然を堪能しながら大切な人と過ごすのに絶好のロケーション。 熱海駅から車で5分高台に位置し、全室オーシャンビューで、初島、伊豆大島までの眺望を望むスモールラグジュアリーホテルです。

 

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

コメント