車窓から眺める綺麗な紅葉!関東近郊のローカル線の旅へ出掛けよう

乗り物
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

 

朝晩は涼しくなってだいぶ過ごしやすくなりましたよね!

お陰で夜もよく眠れるんじゃないですか?

でも、よく寝れるからといって寝坊には気をつけて下さいね。

 

さて、9月も半ばを過ぎてこれから秋も次第に深まっていきます

食欲の秋だ、読書の秋だ、スポーツの秋だと言われますが

なんといっても秋は「紅葉見物」ではないでしょうか

春の桜と同様に、全国には様々な所に「紅葉の名所」というのがありますね

定番のスポットから穴場的な場所までそれこそ数え切れないほどです。

 

そんな中でもちょっと趣きを変えて

たまにはゆっくりと走るローカル線の車窓から

真っ赤に染まった紅葉を眺めるなんていかがでしょう?

ローカル線 紅葉

これも秋ならではの楽しみ方の1つではないかと思います。

ということで、今回は関東近郊で紅葉を拝める

おすすめのローカル列車の旅を4つ(神奈川県埼玉県栃木県群馬県福島県)ご案内いたしますね。

合わせて、そのローカル列車が走る周辺の宿泊施設をご紹介しますので

ぜひ、泊り掛けでゆっくりと旅をしてもらえればなぁと思っています。

 

 

 

紅葉を拝めるローカル線では絶対外せない神奈川県の箱根登山鉄道

全国各地、いや、世界各国から大勢の人が訪れる箱根は日本有数の紅葉の名所でもありますね。

その箱根の自然を眺めながら走る箱根登山鉄道箱根湯本駅から強羅駅までの区間

日本最大の勾配を駆け上がっていき、四季折々に箱根の素晴らしい姿を見せてくれます。

春には目の覚めるような新緑や、初夏にはあじさいも綺麗ですよねぇ~♪

箱根あじさい電車

そして、秋は秋で素晴らしい紅葉を拝ませてくれます。

箱根登山鉄道 紅葉

途中で3回行われるスイッチバックというのも、初めて乗る人にのっては

ちょっと不思議な感覚を覚えるのではないでしょうか?

各駅にはそれぞれ紅葉の名所というのがあるんですが

箱根登山鉄道の塔ノ沢駅と大平台駅の間の早川橋梁(出山の鉄橋)

紅葉と渓谷の両方が楽しめるということで人気の名所にもなっています。

塔ノ沢駅と大平台駅の間の早川橋梁

紅葉の時期には、列車が橋の上で数秒間停車するというサービスもあるんですよ!

粋な計らいですよね!

箱根は交通のアクセスも良いところですから

シーズン中にはぜひ訪れてみてはいかがですか

紅葉の見頃はだいたい10月の中旬~11月の中旬ぐらいにかけてです。

 

箱根湯本駅・強羅駅周辺のおすすめの宿泊施設は?

箱根湯本駅から徒歩3分の便利さ。和洋中の3種類を兼ね備えたレストランと温泉施設も充実。人気のトレインビューの客室もあります!!お子様から、カップル、夫婦、3世代の旅行にもおすすめのホテルです。

箱根湯本駅から徒歩2分で箱根観光に便利です。女性大浴場、露天風呂付き客室をリニューアル。天空露天風呂・新貸切露天風呂も好評です。

箱根登山鉄道強羅駅より徒歩15分。送迎車有。解放感のある露天風呂、口コミ評価が高く、旬の食材・厳選食材を駆使したフランス料理が自慢のお宿です。

箱根登山鉄道強羅駅より徒歩1分。全室露天風呂付き客室、2つの源泉☆露天風呂・大浴場・3つの無料貸切風呂・炭酸泉で湯めぐり三昧!色浴衣や湯上りドリンクなど無料サービスも充実♪

 

秩父、長瀞の紅葉時にはぜひ乗りたい蒸気機関車「SLパレオエクスプレス」

こちら埼玉県は秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」からの紅葉も見事です。

SLパレオエクスプレスというのは秩父本線の熊谷駅と三峰口駅間にて

1988年から運行している、蒸気機関車牽引による臨時列車のことです。

SLパレオエクスプレス

なかなか、現代では蒸気機関車に乗るということってあまり機会が無いですよね

まして、その蒸気機関車の車窓から紅葉を拝めるとあってはテンションが高まるのではないでしょうか!

この路線は荒川の上流に沿って走っていき、秩父や長瀞へ行く途中で

秋には車窓からきれい紅葉と景色を眺めることができるんです!

荒川橋梁を通過するときには、紅葉と一緒に川下りも望めるのでいつもと違った景色も楽しめますよ。

荒川橋梁を渡るSLパレオエクスプレス

勿論、車窓からの紅葉も楽しめますが

途中の長瀞あたりで下車して紅葉を拝みながらライン下りなんかも良いと思いますよ

長瀞の紅葉

この周辺の紅葉の見頃はだいたい11月上旬~11月下旬です。

※この「SLパレオエクスプレス」は運転スケジュールというのがありますから

行かれる際は確認をするようにして下さいね

秩父鉄道HP

 

熊谷駅・秩父駅周辺のおすすめの宿泊施設は?

熊谷駅より徒歩5分。市内唯一のシティーホテルです。全室25㎡~、ベッドサイズ150cm~、秩父、長瀞他、世界遺産「富岡製糸場」や軽井沢等観光地の途中泊に最適です♪

熊谷駅南口より徒歩1分。南口ロータリー内の好立地!羽田空港と熊谷駅を結ぶリムジンバスのバス停、タクシー乗り場、レンタカーもロータリー内にあり観光・仕事の拠点に最適です!

秩父鉄道秩父駅より徒歩1分。秩父市街中心部に位置しビジネスや観光に最適なホテルです。シングル59室・ツイン4室 シングルはセミダブルベッド使用。無料駐車場20台完備。

西武秩父駅より徒歩約3分。秩父の自然に囲まれたホテルです。ホテルの周りに無料の駐車場完備。ご朝食バイキングは無料サービス。ライン下り・ミューズパークが近隣にあります。

 

懐かし観光列車としてTV放映もされたわたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車

こちらは「わたらせ渓谷鐵道」といって、群馬県(桐生駅)と栃木県(間藤駅)の間を走るトロッコ列車が有名です。

TVでもよく旅番組などでこの渓谷鐵道のトロッコ列車が映し出されたりしていますね。

渓谷鐵道のトロッコ列車

このわたらせ渓谷鐵道というのは、名称の通り「渡良瀬川」に沿って走るローカル線で

秋の紅葉の時期にはわたらせ渓谷号とトロッコわっしー号の2種類のトロッコ列車が

小中の地蔵滝や足尾・庚申山の紅葉を拝ませてくれます。

わたらせ渓谷鐵道の紅葉

このトロッコ列車というのは窓ガラスがないオープンタイプの列車ですから

秋の爽やかな風に吹かれながら渓谷の紅葉を存分に楽しんでもらうことができますよ!

トロッコ列車は大間々駅から間藤(まとう)駅の間で渡良瀬川に沿って走っています。

全体的に紅葉の景色は綺麗ですが、その中でも特に沢入(そうり)駅~原向駅の区間の車窓が綺麗ですよ!

紅葉の見頃はだいたい10月下旬~11月下旬までとなっています。

※トロッコ列車は毎日運転ではありませんので

ご利用前に運転日を確認してくださいね。

わたらせ渓谷鐵道HP

 

桐生駅周辺のおすすめの宿泊施設は?

JR桐生駅南口から徒歩1分。ビジネスや観光の拠点にもってこいの立地です。館内は明るく、落ち着いたムード。ベッドはポケットコイルマットレス採用★地上デジタル対応液晶TV全室導入★無料駐車場完備。

JR桐生駅から徒歩3分。桐生市内のお薦め宿。24時間麦飯石お風呂でゆったり気分。全室無線LAN接続可。

JR・わたらせ渓谷鉄道桐生駅南口徒歩2分。太田藪塚IC開通!お車でもアクセスが良くなりました♪駅近で朝食無料サービスです。

栃木県と福島県を結ぶ野岩鉄道での紅葉と温泉の旅を満喫しよう!

こちらは栃木県と福島県の間を走るローカル線で野岩鉄道(やがんてつどう)と言います。

栃木県の鬼怒川温泉近くにある新藤原駅と福島県の会津高原尾瀬口を結んでいて

沿線には温泉地がたくさんあるので、紅葉と温泉をセットで楽しめる路線になっています。

道中は川治温泉・湯西川温泉、塩原温泉などがあり トンネルは多いですが橋梁も多く架かっているので

のどかな紅葉の風景を眺めることができますよ。

野岩鉄道 紅葉

また、紅葉シーズンには新藤原駅の隣りの鬼怒川温泉駅から 「お座トロ展望列車」が運行されますので(平日限定)

のんびり車窓を楽しむにはこの列車に乗ってみるのもいいかもですね

お座トロ展望列車

途中駅の龍王峡駅のすぐ近くには、龍王峡渓谷があり

ここからの迫力抜群の景色と紅葉は一見の価値がありますよ!

龍王峡 紅葉

ローカル線の旅と合わせて、ダイナミックな景観も楽しんでもらえたらと思います。

この周辺の紅葉の見頃はだいたい11月中旬~12月上旬となっています

※野岩鉄道、「湯めぐり号」お座トロ展望列車等の詳細は

こちらをご覧下さいね

野岩鉄道HP  

 

鬼怒川温泉駅周辺のおすすめの宿泊施設は?

東武鉄道鬼怒川温泉駅より徒歩3分。1年中遊べる全天候型スパプールやエステ・ペットホテルと施設も充実。夜は大好評踊る噴水ダンシングウォーターやレーザー&イルミネーションショーもお楽しみいただけます。

東武鬼怒川温泉駅下車徒歩約15分。自然浴と温泉とリラックスをテーマにした温浴施設【旅の湯歩道】が好評です。 かに食べ放題!サックサク揚げたて天ぷらが大人気! 大江戸温泉物語グループのホテルです。

東武鬼怒川温泉駅下車徒歩3分。心ゆくまで語らい、極上の日常をもてなした別荘のような居心地の良さと、モダンで洗練された空間・サービスをご提供します。

東武鬼怒川温泉駅下車徒歩8分。日本庭園を囲むように設計された鬼怒の高台に佇む湯宿。丁寧な仕事が光る数々の料理でおもてなし。温泉は男女入替制、深湯やシルクバスがある10の湯殿を楽しめます。

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

コメント