この透明度が素晴らしい!伊豆半島で穴場の海水浴場といえば?

海水浴場
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

 

今年はどこの海水浴場に行こうかなぁ~?

子供達に綺麗な海で泳がせてあげたいなぁ~!

そう思ってらっしゃる親御さんに伊豆半島は南伊豆で とびっきり綺麗な海水浴場をご紹介しますね♪

南伊豆のヒリゾ浜

ココは本州でも屈指の透明度を誇ると言われています 伊豆半島の最南端にある「ヒリゾ浜」です。

えっ!ココ、ほんとに伊豆なの?

こんな綺麗な海はこの辺では見たことがない!

初めてこの場所を訪れた人たちは皆、口をそろえてこう言います。

海水の透明度が高いヒリゾ浜

 

このヒリゾ浜というのは石廊崎と中木の境の特別な地理的環境にあるところなので 実は、船でしか行くことができないんです!

 

ですので、ありのままの自然が残された場所とも言えるんです。

 

あたり一帯は国立公園ですが、何も開発されておらず 黒潮の通り道となっていること等、様々な条件が重なって これだけ綺麗な海がそのままの状態になっているということなんですね。

 

伊豆最南端のヒリゾ浜

 

海水浴場自体はゴロゴロとした石が転がっている小さいビーチですが その、あまりにも綺麗さに噂が噂を呼んで 年々、このヒリゾ浜に訪れる人たちが増えているようですよ!!

ヒリゾ浜の海水浴場

とにかくこのヒリゾ浜の海水の透明度には驚くばかりです。

なんてったって5mほどの底までクッキリと見えてしまいます。

渡し船の上から眺めてもその透明度のほどがよくわかりますよ!

 

もちろん、こんな綺麗な海に来たのだからぜひシュノーケリングを楽しみましょう!

少し覗いただけでもたくさんのカラフルな魚が見てとれます

ヒリゾ浜の魚

 

さらに、潜って見てみるともうそこは別世界!

まるで水族館の中で泳いでいるような、そんな気にもさせてくれちゃいますよ。

ヒリゾ浜の魚影

ヒリゾ浜の熱帯魚

ヒリゾ浜でシュノーケリング

どうですか?

お子さんたちが大喜びしちゃうと思いませんか!?

 

子供だけでなく、大人まで楽しめるこのヒリゾ浜は 神秘な海の美しさというのを再発見できる場所でもありますね。

 

ココへ行くにはちょっと不便ですが 不便だからこそ、辿りついた時の感動というのはひとしおだと思いますよ

 

中木というところから渡し船の方は満遍なく出港していますので 行きたい時、またはヒリゾ浜から帰りたい時なども 時間を気にすることなく、のんびりしてることができます。

 

中木の船乗り場

※ただ、このヒリゾ浜にはトイレやその他の施設というものはありませんので それなりの準備をして行った方がよろしいでしょう。

 

※夏季期間中は渡し船の利用料金(大人1500円、子供500円)を初めに払っておけば サービスで何度も船で陸と海水浴場を行き来できるので心配はないでしょう

ちなみに乗船場からヒリゾ浜までは5分程度です。

中木の船乗り場

 

 

ヒリゾ浜周辺のおすすめの宿泊施設は?

こちらでは公共交通機関またはお車を利用して行かれる方へおすすめの宿泊施設をご案内したいと思います。

 

ヒリゾ浜への渡し船が出港している中木というところにはこじんまりとした民宿はありますが ココから車で15分~20分ぐらい走らせたところに「下賀茂温泉」や「弓ヶ浜海岸」がありますので 宿泊にはそちらへ滞在されることをおすすめします。

 

その中でファミリーにもおすすめしたいのが「休暇村 南伊豆」です。

 

休暇村 南伊豆

こちらは弓ヶ浜のビーチのすぐ目の前にあるリゾート感たっぷりのホテルです

この界隈でシュンーケリンが楽しめる逢ヶ浜までも近く、ヒリゾ浜の渡し船が出る中木港までは車で20分ほどです。

 

ですので、ココへ泊まればヒリゾ浜でも楽しめますし、美しい砂浜で有名な弓ヶ浜でも存分に海水浴が楽しめるところです

 

弓ヶ浜

 

家族旅行向きのホテルということもあり、どのお部屋もわりと広めの作り。

 

開放感いっぱいの温泉大浴場や露天風呂などもありますので、お風呂好きの方にも好評です

朝食、夕食とビッフェすたいるですので、お子さんたちにもウケが良いし 、海の幸がたくさん並べられてますので魚介類が好きな親御さんたちにも嬉しいと思いますよ!

 

休暇村 南伊豆の夕食バイキング

また、このホテルの屋上にはハンモックや足湯があり 朝日が上がるところや夕日が沈む素晴らしい景色を拝むこともできる評判の良いホテルです!

 

ヒリゾ浜周辺の他のおすすめホテル

南伊豆町観光協会サイトの詳細はコチラ  

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント