いちご狩りの関東おすすめスポット!電車やバスで行ける駅近の農園もあるよ♪

グルメスポット
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ、俊樹です。

いちごのシーズンの到来です!

毎年、テレビやSNSで話題になる、ホテルのいちごビッフェも行ってみたいけど

春のポカポカ陽気の中、いちご狩りへお出掛けするのも良いですよね♪

いちご狩りスポット

いちご狩りというとちょっと遠出で、「車+渋滞」というイメージが付きますが

電車やバスといった公共交通機関を使って楽にアクセスできるいちご農園もありますよ

だから、渋滞に嵌まるのが嫌だなぁって方にも

車を利用しなくても行けるから楽ちんですよね。

 

ということで、今回は東京、埼玉、千葉、神奈川にある

比較的最寄の駅からも近い「いちご狩りスポット」をご紹介しますね

いちご狩りスポット

カップルで、お友達同士で、または家族連れでも気軽に楽しめるいちご狩り。

暖かい春がやってきたら、真っ先に行ってみてはいかがでしょうか

味が濃厚で、甘み・酸味のバランスがきいた絶品いちごを食べ尽くしましょう♪



東京都世田谷区のいちご農園「世田谷いちご熟」

こちらは世田谷区の閑静な住宅街にあるいちご農園です。

世田谷いちご熟1

東急大井町線の上野毛駅から徒歩10分ぐらいの所に位置していて

世田谷区では初となる、高設栽培を取り入れるなどして

手の届きやすい高さにいちごがなっているので

楽な姿勢でいちご狩りができるという嬉しい農園です。

世田谷いちご熟2

掴み取りいちごは30分間食べ放題!

品種はあきひめと紅ほっぺなんかを栽培しています。

こちらでも、ジャムやゼリー、アイスクリームなどの加工品販売も行っていますよ!

世田谷いちご熟 アイスクリーム

※予約制ではないので、営業状況は、BLOGにて必ずご確認くださいとのこと。

世田谷いちご熟の詳細はコチラ 

 

東京都町田市のいちご狩り農園「やさいの家」

JR横浜線の相原駅からほんの5分ぐらいと近く

車が無くても気軽に歩いて行ける超便利な「いちご狩り」農園です。

いちご狩り やさいの家

広さ約600平方メートルの敷地に建てられた2つのハウスで

甘くて美味しい人気品種の紅ほっぺややよいひめなどのいちごを食べ放題!

イチゴ 紅ほっぺ

こちらも高設栽培によるいちご栽培を行っているので

楽にいちご狩りが楽しめますよ!

この農園は逆に駐車スペースが狭く、車が3台ぐらいしか停められないので

電車を利用して行かれた方がよろしいですね。

料金は30分掴み放題で大人2,000円です(要予約)。

やさいの家の詳細はコチラ 




さいたま市の駅チカイチゴ園「GREENPEACE」

埼玉県を走る武蔵野線、南北線直通埼玉高速鉄道の東川口駅が最寄り駅。

そこから約6分ほどの所にあるのがコチラ「GREENPEACE」。

駅チカイチゴ園「GREENPEACE」

車やバスに乗らなくても余裕で歩いてこれる近さがウリの農園でもありますね

ハウスがあるのが住宅街の中、2017年12月にオープンのまだ新しいいちご園なんです。

こちらで食べられるいちごは「紅ほっぺ」、「あきひめ」、また県内では珍しい「真紅の美鈴(しんくのみすず)」も食べられます。

駅チカイチゴ園「GREENPEACE」 真紅の美鈴(しんくのみすず)

この「真紅の美鈴」は別名「黒いちご」と呼ばれるほど色が濃く、味はとっても濃厚です!

ただ、少量なので早い者勝ちになりますよ!!

料金は季節によって変わりますが、いずれも30分間食べ放題。

営業は、水、木、土、日(土は予約のみ)になっています。

広々した休憩スペースではゆったりと寛げることもできますし

お土産の摘みたていちごやイチゴジャム、冷凍いちごなんかも販売されていますよ

駅チカイチゴ園「GREENPEACE」の詳細はコチラ 




横浜市鶴見区のいちご狩り園「TOKYO STRAWBERRY PARK」

こちらは2018年の4月にオープンしたばかりの

まだできて間もないいちご狩り施設ですが

発電所で生まれるエネルギーを使って、通年いちごを栽培しているので

一年中いちご狩りが楽しめるという場所です

外観はこんな感じで、いちごのテーマパークという雰囲気ですよね!

TOKYO STRAWBERRY PARK1

イチゴ狩りのハウスだけではなく

目の前で作られるお菓子やクッキングスタジオの調理器具も

施設のすべてが電力でまかなわれているそうですよ!

こちらでは「とちおとめ」「あきひめ」「よつぼし」「UCアルビオン」という4種類の品種が味わえます

TOKYO STRAWBERRY PARK2

中でもUCアルビオンというのは大粒でみずみずしく、適度な酸味がある通称「夏いちご」だそうです。

TOKYO STRAWBERRY PARKのUCアルビオン

メニューは「30分食べ放題」と「持ち帰りカップ」の2つがあり

それぞれ時期によっても料金が変わりますのでHPを確認してくださいね。

場所は京急線の京急鶴見駅で下車して、そこから横浜市営バスに乗り約15分。

横浜さとうのふるさと行(181系統)に乗り、「横浜火力発電所前」停留所で下車すれば目の前にあります。

TOKYO STRAWBERRY PARKの詳細はコチラ 



千葉県千葉市のイチゴ園「ドラゴンファーム」

こちらは千葉駅からモノレールに乗り換え千城台北駅で下車。

そこから歩くと約20分ほど掛かりますが

なんと17種類ものいちごを栽培していて、色んないちごの食べ比べができる人気の農園です。

ドラゴンファーム

品種は、「おいCベリー」「おおきみ」「かおり野」「かなみひめ」「さがほのか」「もういっこ」「とちおとめ」「あかねっ娘」「星の煌めき」と多岐にわたっており

いちごは品種によって、味はもちろん、香りもちがいますが

どんないちごが食べられるかは当日のお楽しみ!

ドラゴンファーム ハウス

こちらでは、いちご狩りの他、6月から8月にかけてはブルーベリー狩りも開催していますので

覚えておいてくださいね。

ドラゴンファーム ブルーベリー狩り

入園料にはいちご30分食べ放題の他、練乳・チョコレートシロップ、麦茶、茶菓等のサービスが含まれていますよ♪

また、こちらでも高設栽培を取り入れていて

より摘み取りやすいように木は剪定されています。

お子さん用の椅子とテーブルも設置されていたり

車椅子用の水洗トイレも完備されていますので

多くの人が楽しめる農園になっています。

ドラゴンファームの詳細はコチラ 




ま と め

いかがでしたでしょうか?

今回は東京からも近くて公共交通機関を利用して行ける

関東一円のいちご狩りスポットをご紹介してきました。

美味しいいちごをふんだんに頬張れる時って

ホント、幸せを感じてしまいますよねぇ。

いちご農園によっては予約が必要だったり

その農園のルールが色々とありますので

行かれる際は事前にHPやブログ等で確認してから訪れるようにして下さいね

暖かい春が待ち遠しいですね。

 

 

行ってみたいなぁと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村

コメント